アメンボ観察日記in諏訪野町公園ーアメンボとは何なのかー

アメンボ 知っトク情報
この記事は約3分で読めます。

先日、諏訪野町公園を散歩していたところ、堂女木池にアメンボがたくさんいました。

 

 

子どもの頃は、アメンボを見ると、なぜか嬉しかった記憶があります。
そう、アメンボは、まるで忍者のように水面を歩きます。
「カッコいい!!」
アメンボに、そんな憧れすらありました。
ということで、アメンボを見つけ、動画に収めました。
ついでにアメンボとは何か、少し大人の視点で調べてみました。

今回は、そんなアメンボ動画について紹介します。

スポンサーリンク

アメンボ観察日記in諏訪野町公園

諏訪野町公園には、多くの動物・生物が住んでいます。
これまでも数々の生物たちを動画に収めてきましたが、今回は、アメンボの撮影に成功しました。

アメンボ動画

はじめ、諏訪野町公園の堂女木池を颯爽と動き回るアメンボを、ただ観察していたのですが、あまりの優雅さに、思わずカメラを向けて撮影した次第です。
アメンボ動画は、即日、YouTubeへupしました。

相変わらず、所有のスマホのスペックが悪いため、画質も良くはありません。
ただ少しばかりの癒しにはなるかと思います。
1分30秒の短い動画ですから、ちょっとほっこりしたい時間などに鑑賞して頂ければ幸いです。

アメンボとは何か?

アメンボを観ながら、子どもの頃は「ただカッコイイ」で終わっていたのですが、ふと大いなる疑問が湧いてきました。

アメンボって、一体、何なのだろう?

そう考えたら、アメンボのことを何も知らないことに気づきました。
良い機会だから、少し調べてみました。

  • アメンボは、カメムシ目アメンボ科の総称で、よく見るのは「ナミアメンボ」という種類。
  • アメンボの本来の意味は「雨」のことではない
  • アメンボの本来の意味は「飴棒」という。「飴」は、臭腺から発する飴のような臭いのことで、「棒」は体が細長いことを指すとの事。
  • カメムシ目のなかで、体長が最大
  • 前脚は短いが、中脚と後脚が非常に長い特に中脚は体長を超えるほど長い

まとめ

今回は、諏訪野町公園のアメンボを紹介しました。

諏訪野町公園のアメンボは、堂女木池の中というか上を元気に走り回っています。

YouTubeの公式チャンネルでアメンボ動画を公開しました。

 

 

癒しをテーマにした短い動画ばかりですから、是非、ご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました